大阪市地域公共人材バンク

トップ > 公共人材の紹介 > 田村 太郎

公共人材の紹介

公共人材の紹介Introduction

登録情報

登録番号:13-057

長元 耕司ながもと こうじ

所属

長元耕司中小企業診断士事務所

主なプロフィール

大阪府立大学経済学部卒業後、繊維系商社に入社。在職中に中小企業診断士資格取得、政策学校一新塾で社会起業を学び、2012年に独立。雇用をまもり、そしてつくるため、起業支援、企業の成長支援、事業再生支援、コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス構築支援等を行う。

得意とする支援分野

ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス
経営コンサルティング
各種ファシリテーター

主な活動(市内での講演実績や活動実績)

平成22年度
中央区
 ・大阪府中小企業診断協会
  コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス研究会で研究・発表等の活動(現代表)。
平成23年度
福島区
 ・大阪NPOセンター「新しい公共」事業におけるコミュニティビジネス・ソーシャルビジネス事業者支援活動
 ・コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス事業者の事業計画作成等の支援。
平成24年度
中央区
 ・中小企業診断協会でのコミュニティビジネス・ソーシャルビジネス啓蒙研修講師。
平成25年度
大阪市
 ・大阪市コミュニティビジネス等促進事業「トコトン現場主義講座」(地域公共人材養成プログラム)講師。
 ・大阪市地域力向上のための講師派遣制度の講師登録。
 ・大阪市コミュニティビジネス等促進事「CB/SB基礎講座講師」。
平成25年度
東淀川区
 ・大阪市東淀川区「CB/SB講座」講師。

自己PR

私は、ある社会企業家養成学校の門をたたいたのがきっかけで、社会貢献や社会起業に深く興味を持つようになりました。
自身が社会に役立つ仕事がしたいという想いを強くもつなかで、中小企業診断士としてできることはないかと考えるようになり、現在、コミュニティビジネス・ソーシャルビジネスの発展に、微力ながらお手伝いをさせていただいております。
ただ、一つ一つの活動に対して地道に支援していくことも重要ですが、同時に市民の意識変革を推進していくことも重要であると考えます。
「いま」と「将来」の両視点を常に意識し、地域の役に立つファシリテーター、コーディネーターとして活動していきたいと考えています。

公共人材バンクでの主な活動  2件

地域広報会議のファシリテーション支援の計画作成

登録情報一覧に戻る

公共人材登録数
117
現在派遣中
4

現在継続中の案件一覧