大阪市地域公共人材バンク

トップ > 公共人材の紹介 > 田村 太郎

公共人材の紹介

公共人材の紹介Introduction

登録情報

登録番号:13-059

森川 真嗣もりかわ まさつぐ

所属

CASEまちづくり研究所(有限会社ケース)

主なプロフィール

1981年7月 大阪府大阪市生まれ
2003年3月 国立明石工業高等専門学校 卒業(建築学科)
2008年3月 国立明石工業高等専門学校 専攻科修了(建築・都市システム工学科)
2007年6月 ヘルシンキ工科大学 Wood Program 修了
2008年4月 CASEまちづくり研究所勤務

得意とする支援分野

住民意見の集約・ワークショップ支援
商店街・商店会の活性化支援

主な活動(市内での講演実績や活動実績)

2012年度
大阪市立淡路中学校下
 ・【社会起業家教育講師派遣】
 中学校の総合学習の時間を用いた社会起業家教育として地元商店街との産学連携を図り、「地域の新しい名産品づくり」をテーマに社会起業家に関する講演・ワークショップを行った。
 中学生による商店街の調査、商品開発、店主からの実技指導等をコーディネート。
2012年度〜現在
大阪市西区
 ・【新たなコミュニティ支援事業におけるアドバイザー業務】
 西区支部の責任者として、地域活動協議会の設立・運営初動期をコーディネート・ファシリテーションによる活動支援。
2011年度
大阪市心斎橋筋地域
 ・【心斎橋筋らしい魅力づくり】
 心斎橋筋の歴史・伝統を継承しつつ、ミナミの基幹軸である心斎橋筋らしい魅力づくりを目指し、まちづくり構想の策定・景観法に基づいた景観協定の策定を支援。
2008年度〜現在
大阪市淡路地域
 ・【10年後のまちを見据えたまちづくり構想】
 地域発展の核であった最寄り駅の高架事業によって、大きく変化を余儀なくされる地域において、改めて地域住民・商店街・行政・民間が一体となった地域づくりを目指したまちづくり構想の策定支援。

自己PR

地域における課題は、都市のハードの問題、ソフトの問題、人材不足などの問題、行政のしくみ・法律の問題、様々な課題にまたがって存在しており、何かひとつの専門性で解けるものではないと考えます。
どうしても時間がかかってしまう作業ですが、ひとつひとつ丁寧に繋げていきながら、そして遠い先には、色々な課題をひとつの目標に向かって集約していけるような、そのような支援をさせて頂ければと考えます。

公共人材バンクでの主な活動  1件

NPO法人事業計画整理ファシリテーション

登録情報一覧に戻る

公共人材登録数
117
現在派遣中
4

現在継続中の案件一覧