大阪市地域公共人材バンク

トップ > 公共人材の紹介 > 田村 太郎

公共人材の紹介

公共人材の紹介Introduction

登録情報

登録番号:13-034

小林 竜子こばやし りゅうこ

所属

一般財団法人大阪市コミュニティ協会(嘱託職員/大阪市鶴見区地域まちづくり支援員)

主なプロフィール

・1957年札幌生まれ、1980年京都工芸繊維大学卒業。
・大学卒業後、照明・インテリア関連商品の企画開発、家電・食品・流通関連分野のマーケティング・企画業務,生活者研究等を行う。(主に民間企業をクライアントとして)
・1990年代からワークショップ手法を用いたセミナー等を行う。住民参加型プロジェクトの事務局運営、プログラムの企画実施等。(主に兵庫県、国交省の事業)
・2012年10月より大阪市鶴見区にて地域まちづくり支援員。

得意とする支援分野

・会議でのファシリテーション(見える化)、会議運営そのもの
・広報誌作成など、活字媒体による広報活動
・情報共有のためのファイリング、書類・情報整理など
・アンケート調査票作成及び集計・分析

主な活動(市内での講演実績や活動実績)

1992年
中央区
 ・ドーンセンター立ち上げ前に、女性起業家へのヒアリング調査・プログラム提案
1993年~2003年
西淀川区、淀川区、港区、住之江区の臨海部、水辺
 ・「なぎさ海道」プロジェクトにてワークショップ・市民ネットワークを企画・運営、フォーラム等のコーディネート・ファシリテーションを実施
2012年~現在
鶴見区全域
 ・地域活動協議会立ち上げ及び運営の支援
 ・2014年度は会計、広報、担い手育成等の支援を予定

自己PR

・多様な人々が集まり情報共有をはかる場でのファシリテーションでは、全員の意見に耳を傾け、全員の意見を引き出すことを心がけています。模造紙の活用、板書で、意見を見える化し、整理することで情報共有の意識を高めます。
・広報誌の作成などビジュアルデザインのアドバイスも行います。
・ファシリテーションもビジュアルデザインもコミュニケーションデザインのひとつという位置づけで支援します。
・同年代の中では、アクティブ、元気、気持ちも若く、好奇心旺盛のはずです。

公共人材バンクでの主な活動  7件

会議ファシリテーション

会議の可視化等グラフィック活動

文章化して報告書をまとめる会議、そのファシリテーション

登録情報一覧に戻る

公共人材登録数
117
現在派遣中
4

現在継続中の案件一覧