大阪市地域公共人材バンク

トップ > 公共人材の紹介 > 田村 太郎

公共人材の紹介

公共人材の紹介Introduction

登録情報

登録番号:16-011

蔦谷 文宏つたや ふみひろ

所属

株式会社ツタヤデンキ(役員)、NPO法人(理事)、携帯電話テレパルス代表者

主なプロフィール

大学卒業後に商売大学と言われる松下商学院に入塾。
商道や論語・大学等、心理学があり、人生は良くも悪くも思った通りになるという部分に気づきそれを多くの人達に伝えるべく心理学講師となった。

得意とする支援分野

集団内のコミュニケーション不足解消のための心理的体験学習による関係改善と共同作業の促進。
他者理解と自己理解を深める為のコミュニケーションゲームの提供と相互理解による人間関係の改善。

主な活動(市内での講演実績や活動実績)

2004年5月
大阪市中央区大手前
NPO法人日本心理療法士協会創立記念シンポ ジウムにてパネラーとして参加した。
2004年8月
大阪市中央区城見
NPO法人IATHの交流分析カウンセラー資格者を中心に、養成講座の受講生を含めた17名の協会員がカウンセラーとして、24時間テレビイベントでエゴグラムを用いた「深層心理&相性チェック」を行った。
2006年3月
大阪市中央区徳井町
『私の中の3つの心 ~自分のコミュニケーション・パターンを知る』を講義した。
2014年9月
大阪市中央区大手前
NPO法人IATHセラピーフェスタ開催の代表者として管理運営を行った。

自己PR

1984年に廣田君美(関西大学名誉教授)に出会い、それをきっかけに以後心理学を学び続ける。
カウンセリングの中で交流分析(TA)を使用しながら、1990年より現在まで2000余名程度の心理的援助活動(カウンセリング)に従事する。
地域に根差す活動として地元の青年会議所に32歳より40歳まで在籍し、活動をする。

登録情報一覧に戻る

公共人材登録数
117
現在派遣中
4

現在継続中の案件一覧