大阪市地域公共人材バンク

トップ > 活動状況 > 経理業務を中心とした作業分担を組織で話し合う(中央区)

活動状況

活動状況Activity

経理業務を中心とした作業分担を組織で話し合う(中央区) 完了

2017/01/12

■申込団体

ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン(中央区)


■依頼内容

団体運営に必要とされる「業務」の整理を行いたい。整理された業務をもとにコアメンバー同士で作業分担などを思案し、合意形成したい。
これにより、コアメンバー同士が携わる組織運営業務の共通認識・共通理解を得ていく会議としたい。


■支援内容

・会計(税務):NPO会計をベースとした「活動計算書」「貸借対照表」(添付資料参照)を公共人材から示し、一般社団法人の担当者作成の「金銭出納帳」(振替口座)と照らし合わせながら、会計処理について説明後、質疑応答を行った。
・活動計画:現在及び3年後ぐらいを目標に、メンバーが行っていきたい活動は何か、一人ずつ思いを話してもらい、次年度の計画のベールとなるところを、ホワイトボードで共有した。


■結果

この組織に必要な費目、支払調書の発行など法人としての手続き、会計業務を遂行するためのソフトなどを確認した。
・ボランティアの組織としてはハードルが高い作業であることを認識した。
・基本的な考え方を押さえるための勉強会の開催、啓発活動のターゲットに合わせた広報ツールの見直し・作成の必要性について認識してもらいました。
・活動経費を生み出す方法については、意見がまとまらなかった。

進捗率

活動状況一覧に戻る


この活動の声

名前:小林 竜子

【ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン(中央区)の派遣を終えて】 ・今回、この組織で何をしていきたいか、来年度すべきことは何かの問いに対して、一人ずつの考えを聞かせていただいたことは大変有意義でした。 ・日本版ホワイトリボンの目指すところを明確にしていくこと、そのためにすべき活動についてメンバー同士でじっくり話し合い、共有し、積み上げていかれす姿勢に感銘を受けました。本活動が持続可能な活動になれるよう、一助になっていれば幸いと思います。
登録者の声一覧へ

公共人材登録数
117
現在派遣中
4

現在継続中の案件一覧