大阪市地域公共人材バンク

トップ > 活動状況 > みなで話し合う、場のファシリテーション(天王寺区)

活動状況

活動状況Activity

みなで話し合う、場のファシリテーション(天王寺区) 完了

2015/12/26

■申込団体

天王寺区地域活動協議会有志(天王寺区)


■派遣内容

地活協の自主的運営と自主財源をテーマにしてディスカッション形式の勉強会会議のファシリテーションを担当していただき、あわせてファシリテーションの仕方を、実践として演習してもらいたい。


■支援内容

天王寺区役所の「次年度補助金説明会」の後、「コミュニティビジネス」についてのワークショップの形式の一例のデモまでを担当、その後の交流の場がスムーズに進むように支援しました。

①コミュニティビジネスの説明
コミュニティビジネスの定義をより身近に感じてもらえるよう、昔から地域の課題は地域の資源(人や、場所や、ネットワーク)でその地域に合った手法や規模で解決をしていることを説明しました。

②参加者によるワークショップ
その後、担当事業(ふれあい喫茶、地域、子育てサロン、広報・会計、高齢者配食サービス)に分かれたグループ構成で地域資源について付箋にそれぞれ書き出してもらったいました。

③書き出された付箋を説明してもらいながらホワイトボードにカテゴリ別に分けて貼り、資源と資源をつなげて、新しい事業を作り出す手法のデモを子育てサロングループで行う様子を見てもらうことにより、会議での意見の可視化があたらしいアイデアを生み、構築するということの理解を深めました。

④今回は①②③までを人材が行い、その後、まちづくりセンターが行う、「交流の場」に引き継ぐところまでが支援内容でした。


■結果

・今回の派遣をきっかけに、地域の話し合いや同事業の担い手同士の話し合いの時、自分たちの活動に有効的な話し合いにできる手法の一例を示せたことは一定の成果であると考えます。
・ホワイトボードを使って会議をすると、会議の参加者同士の思い込みや認識のズレが少なくて済むということを理解してもらえた。
・地域の会議の進行のお手伝いとして、地域公共人材という公助の仕組みがあることを理解してもらえました。

進捗率

活動状況一覧に戻る


この活動の声

名前:増田裕子

【天王寺区地域活動協議会有志(天王寺区)の派遣を終えて】 本日参加の皆さんは、地域活動協議会が立ち上がる以前からの町会活動、地域福祉活動について大変真面目に一生懸命取り組まれている様子がひしひしと伝わってきました。
登録者の声一覧へ

公共人材登録数
117
現在派遣中
4

現在継続中の案件一覧